縮毛矯正で自然なストレートヘアって手に入るの?

梅雨が近づいて来ましたね。。。
くせ毛の人は憂鬱な季節(T_T)
僕もかなり強いくせ毛なので、起きた時は大泉洋さんそのものです笑

そんな季節にすっごく助かるのが、「縮毛矯正」ですよね。

でも、
「縮毛矯正ってピーンってまっすぐになりすぎて不自然なのでは。」
とか、
「一度かけちゃったらずっと続けなきゃならないのかな。」
とか、思われている方も多いはず。

でも大丈夫です!
今はアイロンテクニック等で、毛先を自然に内側に入るようにコントロールできたり、
必ずしもピーーンとまっすぐでなく自然な風合いを残した縮毛矯正もできるんです。

他にもサロンで行っていることは
1、根元のクセをすこーしだけ残す。
トップの自然な立ち上がりが自然な仕上がりに見せてくれるので
内側は根元からしっかりクセを伸ばし、表面のに出てくる髪の毛は根元約1センチ分だけクセをのこして
縮毛矯正かけると仕上がりが自然に見えます。

薬剤をどこから、どれだけ塗るかでコントロールできるので一人一人のクセのレベルに合わせて
仕上げることができます。

2、部分縮毛矯正にする

顔周りは印象にでやすい部分ですので、クセが弱い方でしたら前髪はアイロンプレス等はせずに
普通のストレートパーマでキープして、自分でアイロンスタイリングすることも自然に見えます。
必ずしも頭全体をまっすぐにしなきゃいけないわけではないので。

毛先は巻くことが多い方なら、毛先までストレートやらなくてもいいですもんね!

それと、せっかくお金と時間をかけてキレイにしたストレートをちょっとでも永く楽しんでいただく為に、
以下のことにはお気を付けください。

※ 髪の毛を結ばない
※ 耳にかけない
※ シャンプーは優しく
※ トリートメントを付けたら櫛で梳かす
※ タオルドライは優しく
※ 乾かす前に髪の毛の絡みを取る
※ お風呂上がりはすぐに乾かす
※ アイロンやコテでのスタイリングをする際は素早く少ない回数で行い最高でも140℃くらいに抑える

これらのことを意識して、キレイで自然なストレートヘアをお楽しみください☆