正しいシャンプーで健康な頭皮を手に入れましょう。

正しいシャンプー方法で頭皮を健やかに!!
ということで、皆様に美容師のシャンプー方法をご説明致します。

1、ブラッシングは結構(血行)大切!

傷んでなくてもほこりや静電気で髪は絡みます。その絡みを毛先からほどきます。
ブラッシングをするとスタイリング剤も浮かせて落とし易くなります。
また、頭皮の血行が良くなり、マッサージ効果が得られます。髪の量や長さ質感に合わせて、適切なブラシを選びましょう!

2 濡らすだけでなく「お湯で頭を洗う」イメージ!

髪や頭皮に付いたホコリや皮脂汚れは予洗い(温めのお湯)で8割は落ちると言われています。
この予洗いをキチンとすることで、シャンプー剤の泡立ちが良くなりますのでシャンプー剤の節約にもなります。
この予洗いが大事で、頭皮の湿疹やかゆみの改善や抜け毛の減少などが見込まれます。

3 泡立ちを意識したシャンプー

予洗いが出来ていればシャンプー剤を手のひらに500円玉位を取り、手のひらで泡立ててから髪と頭皮に付けていきます。
シャンプー剤と、お湯と空気を混ぜ込みことでシャンプーは更に良く泡立ちます。
たくさん汗をかいた時や、汚れがたくさんの時は泡立ちにくいものです。その時は、シャンプー剤を足すのではなく、
一度すすいでからもう一度シャンプー剤を100円玉程度つけます。
たっぷりの泡が、髪の摩擦を減らし、ダメージを作りにくくしてくれます。ここでは、髪ではなく頭皮を中心に揉むように洗っていきます。爪を立てずに、指のはらで、ストロークは短めで頭皮を洗ってください。

4 頭皮マッサージも忘れずに!

洗い終わったら、頭皮のマッサージもしていきましょう。頭皮の血流を良くしていきますので、下から上へとマッサージしていきます。ポイントは、頭皮に置いた指を軽く動かすことで、皮膚と頭蓋骨がずれた感じになります。これを続けると、頭皮の血流が活性化し、抜け毛予防にもつながります。また、お肌のリフトアップ効果も期待できますよ。

5 すすぎ

頭皮トラブルで一番多いのが、シャンプーのすすぎ不足です。
シャンプーの成分が頭皮や、髪に残ることで、かぶれやフケ、かゆみ、毛穴詰まりのトラブルの原因にもなり、髪のダメージにもつながります。すすぎをしっかりすることで、清潔で艶やかな美髪が生まれます。

以上のことを意識して健やかな頭皮と髪を手に入れましょう!